一般的な健康診断と同等の検査が自宅で受けられます

ピロリ菌の有無と胃粘膜の萎縮をわずかな血液で検査します

【検査項目】

・ピロリ菌抗体
・ペプシノゲンⅠ/Ⅱ

本商品は、リスクを調べるもので、診断をする検査ではありません。検査結果によっては医療機関を受診することをお勧めします。

「検査お申し込み」ボタンをクリック後、「お申し込み事前チェック」をご入力頂く必要がございます。

将来「胃がん」にかかるリスクがわかります。

リスクの判定には、「胃がん」の原因といわれるピロリ菌の有無と胃粘膜の萎縮度合いを調べます。 本商品は、リスクを調べるもので、診断をする検査ではありません。検査結果によっては医療機関を受診することをお勧めします。

以下に当てはまる方は、一度検査を受けることをお勧めします

胃に違和感を感じる方、長期に渡り胃炎でお悩みの方、ご家族や親戚に「胃がん」になった方がいる方は、一度検査を受けることをお勧めします。 ただし以下に該当する方は正しい結果が得られない可能性があるため、医療機関での受診をおすすめします。 ・ピロリ菌除菌治療を過去に受けたことがある方
・食道・胃・十二指腸に関する疾患で、経過観察中または治療中である方
・プロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)を2カ月以内に使用している方
・胃の切除手術を経験したことがある方
・慢性腎臓病である方
・ステロイドまたは免疫抑制剤を使用している方

なるべく早い段階で検査を行うことをお勧めします

胃がんは日本人が最も多くかかるがんです。男性ではおよそ9人にひとり、女性では18人にひとりが、一生のうちに胃がんと診断されています。新たに発症する人の数も、女性では横ばいですが、男性では増加傾向にあります。また、胃がんで亡くなる人の数は、男性では肺がんに次いで二位、女性では肺がん、大腸がんに次いで三位と非常に多いです。ところが、胃がんで亡くなる人の割合(死亡率)は減少傾向にあります。つまり、新たに胃がんにかかる人は増え続けているけれど、診断方法や治療方法が進歩したことによって、完治できる人も増えているということになります。したがって、なるべく早い段階で検査を行い、ご自身の胃の状態を確認することをお勧め致します。年齢の若いうちにピロリ菌を除去する方がより効果的である、という検証結果も出ているからです。 出典:日本医師会ホームページより

血液検査により胃がんのリスクをチェックする新しい検査です。

「気軽に」「簡単に」「短時間」でできる検査です。
指先から採取した微量の血液から、ピロリ菌感染による抗体の量と胃から分泌されるペプシノゲンの量を測定し、「胃がん」にかかるリスクをA群~D群の四段階に分けています。

ABCにどのように分類するの?

(※1) 抗体濃度値が3U/ml以上10U/ml未満の場合は、ピロリ菌に感染しているにもかかわらず、ピロリ菌抗体が判定基準を僅かに満たさないために陰性となる「偽A群」の可能性もございます。ピロリ菌感染の可能性もあるため、医療機関へご相談の上、内視鏡検査の受診をおすすめします。

本内容は、出典:NPO法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構「胃がんリスク層別化検査管理指針」を元に、板橋中央総合病院 加藤副院長 監修のもと作成しています。


用語解説

「胃がんリスクチェックABC分類」に纏わる用語をわかりやすく説明しております。